本土最東端での夕暮れ〜納沙布岬

Leave a comment

根室の東端にある納沙布岬。

本土最東端の岬になり、根室10景にも入る有名な場所です。

初日の出の人気スポットでもありますが、日の出の時刻ではなくとも、

東の端を目指して根室まできたら足を伸ばしたいですね。

納沙布岬への道も爽快で楽しめますよ。

 

で、今回は納沙布岬についてです。

 

根室市街からは南側の道道35号を通るルートで納沙布岬へ向かいます。

8月でも夕方になると風はひんやりするものの、

漁村の合間に草原の広がる風景が続き、気持ちのよいドライブです。

 

平坦に続く道も端にさしかかると、大きな塔が見えてきます。

この塔が見えると、いよいよ納沙布岬です。

突き出た岩場の先に白い灯台がそびえています。ついに最東端の地なんです。

 

納沙布岬

 

納沙布岬

 

んー、やはりあの先端に行ってみたくなります。遊歩道を歩いて行ける場所なので行ってみます。

 

納沙布岬 納沙布岬

 

岩が夕日で朱に染まり、濃青の波が打ち寄せる。

納沙布岬は日の出に注目されるが、夕暮れ時も情緒があっていいですね。

 

この景色を眺めつつ、1日の終わりに東の果てに到着した達成感を味わいます。

 

道道35根室半島線

 

岬から根室市街に引き返す、北側の道道35号も草原と海を見ながらの風景で、

美しい沈む夕日を目にすることができます。

 

 

納沙布岬 Map : https://goo.gl/maps/Gvgft

このドライブの続きはコチラ→ 根室・風蓮湖

 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.