断崖の続く海岸の風景〜黄金道路、昆布刈石

Leave a comment

襟裳岬から帯広方面へと向かう国道336号線で、

えりも町庶野から広尾町までの約30kmほどの区間を、黄金道路と呼ばれています。

建設に莫大な費用がかかったためについた名前のようです。

 

今回は十勝南部の海岸道路、黄金道路から昆布刈石へのドライブについて。

 

さて、襟裳岬から道道34号を経て国道336号に入ると、

庶野で黄金道路の断崖を眺めることのできる広場があります。

出発して結構すぐの地点ですが、黄金道路はここが一番のビュースポットと言えてしまいます。

 

黄金道路R336

 

黄金道路は駐車帯が少なく、立ち寄るポイントが少ないですね。

 

黄金道路R336 黄金道路R336

 

トンネルや覆道が多いですが、海岸線の断崖に沿うような区間がところどころあり、

地形の険しさが垣間見える道という感じです。

 

黄金道路を通過し、国道は大樹町を経て浦幌町へ。

ここで道道1038号線に入り立ち寄りたいのは、知る人ぞ知る絶景スポット、昆布刈石展望台です。

 

しかし、なんと展望台への道はダートなんですね。

事前にダートだという情報を掴んでいなかったので、道を間違ったのかと思ったんですが、

そうではありませんでした。

昆布刈石展望台と書かれた標識もありますが、展望台とは名ばかりのダート道に沿ってある場所です。

 

昆布刈石展望台 昆布刈石展望台

 

高台から見渡す太平洋と、断崖の海岸が一望できる眺望が素晴らしい!

残念ながらあいにくの天気だったので、青い空とのコントラストは今一歩でしたが、

海岸の険しい地形に、自然の雄大さを感じられる場所です。

 

ダート道が苦にならなければ、おすすめの眺望スポットですよ。

 

 

襟裳岬〜黄金道路〜昆布刈石展望台Map : https://goo.gl/maps/FsZiX

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.