大地の先端、圧倒的なスケール〜襟裳岬

Leave a comment

北海道日高地方の南の端にある襟裳岬。

日高山脈が海に沈み込んでいる地形で、断崖が太平洋へと続いている絶景スポットです。

 

今回は北海道を代表する絶景、襟裳岬についてです。

 

襟裳岬

 

襟裳岬には高台の展望台があり、そこから先端の岩山と太平洋の大海原を一望できます。

 

襟裳岬

襟裳岬

 

周囲は遊歩道もあり岬の先端まで散策もできるんです。

岬の先端に行くと、その断崖のすごさを間近で感じられます。

 

襟裳岬

 

そして、この襟裳岬はものすごく風が強いことでも知られていますが、

風速10m以上の風の吹く日は、年間290日以上と言われているんです。

私の行った時も、その290日から外れていませんでした。

岬には「風の館」という施設があり、風速25mの風を体験できるコーナーがありますが、

体験しなくても十分な風の強さなんです。

 

この襟裳岬で感じるのは、圧倒的なスケール感です。

右を見ても左を見ても深い青の大海原と、先端であるがゆえの吹き下ろす強風。

大地の端にいま、いることを感じさせてくれます。

 

 

余談ですが、岬にある食堂「むてき」のえりもラーメン。

昆布だしのあっさりした味わいあるスープと、つぶ貝などの海鮮がおいしかったです。

 

襟裳岬むてき

 

 

 

浦河〜襟裳岬Map : https://goo.gl/maps/ZHcJa

このドライブの続きはコチラ→ 黄金道路

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.