十勝の広大な平原風景〜十勝国道

Leave a comment

北海道の東西を横断する国道38号線。

この道の中で特に爽快なのが、帯広の東側から浦幌までの道です。

十勝川越しに、広々とした平原の畑風景が続き、

特に晴れている時は、青空とのコントラストが格別なんです。

 

今回は主に十勝平野の国道38号ドライブについて。

 

さて、起点は釧路市です。

釧路十字街

釧路市街の比較的交通量の多い所を抜て、白糠町へ入ると海沿いの道になります。

道はまっすぐ伸び、白く打ち寄せる波を目にして、海風を感じるドライブは爽快です。

 

途中の道の駅「しらぬか恋問」に立ち寄り、海を眺めるのも良いですよ。

余談ですが、ここで豚丼を食べて記憶があるんです。

ええ、海鮮じゃなくて豚丼。(笑)

 

白糠を抜けると、目に映る景色は徐々に湿地帯に変化していきます。

この音別辺りの景色も素晴らしいです。

 

浦幌町に入ると、海沿いの道からは離れて峠道です。

この峠を抜けると、平原風景が広がってきます。

ここからは十勝の大平原を感じる道が続くんです!

 

そして豊頃町ではハルニレの木にも立ち寄りたいですね。

国道からも近いですので、さくっと立ち寄れます。

 

ハルニレの木

 

幕別町付近に圧巻の風景がありました。

国道から目に付く少しそれた道ですが、

青空に向かっていくような道と平原のパノラマが素晴らしい!

 

十勝国道

十勝国道R38

 

帯広市街に入るまで、十勝の広大な平原風景が随所に見られます。

このルートは少しずつ立ち止まるより、緩やかに流れる大地の景色を楽しみたいですね。

 

 

釧路〜帯広 十勝国道R38 Map : https://goo.gl/maps/VFcLU

このドライブの寄り道はコチラ→ 豊頃・ハルニレの

このドライブに近い道はコチラ→ 道東道・十勝スカイロード

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.