流氷の街、夏の青に包まれて〜紋別・ガリヤゾーン

Leave a comment

オホーツク沿岸のおおよそ中央に位置する、紋別市。

稚内方面、網走方面、旭川方面からも約200kmほどほどなので、

旅程によって紋別を経由するドライブが多かったですね。

 

ここは流氷の街のイメージが強く、接岸する流氷の風景が美しく、

流氷を砕く船「ガリンコ号」が有名で、冬の観光が賑わうようです。

また、夏も「ガリンコ号」はフィッシングクルーズで活躍しています。

 

で、今回は紋別の街と、道の駅のある海岸、ガリヤゾーンからの風景について。

 

この街は電車が走っていないので、駅がない。

よって街の中心になるようなところが、どこなのだろうという感じを受けますが、

中央の通りから坂道を上ると、大きなバスターミナルがあり、

その周辺が商店街や繁華街になっています。

 

バスターミナルのすぐ近くにある、「オホーツクパレス」というホテルに泊まった時、

周りに高い建物がない街並みゆえ、オホーツク海の眺めが素晴らしかったんですね。

朝日に照らされて、キラキラと輝いた海が窓から眺められました。

(写真も撮った気がしていたのですが、無かったです。)

 

中心部から南へ5kmほどの道道紋別港線に、道の駅「オホーツク紋別」があって、

ここは流氷のテーマパークが併設してあり、夏でも流氷体験ができる場所になります。

 

で、私がおすすめしたいのはここからの景色。

オホーツク海が、青く美しいパノラマを描いて広がっているんです!

 

紋別ガリヤゾーン

 

この時は、ほぼ雲のない青空だったので、

オホーツクの海と、抜けるような青の美しさ、

そしてクールで爽やかな風の青、すべての青に包まれた心地になりました。

 

気持ちのよい、オホーツクの海の広がる風景が楽しめる場所です。

 

紋別ガリヤゾーン

 

道の駅「オホーツク紋別」Map : https://goo.gl/maps/gM1oy

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.