静かな湖畔の杜〜幌加内・朱鞠内湖

Leave a comment

札幌に住んでいたときに、近いところにあったそば屋さんの

「幌加内そば」がおいしくて、

 

そうだ、幌加内にそばを食べにいこう!

と、思ったのが、いつぞやの秋のこと。

 

日本一のそばの里、幌加内でそばを食べる。

本当に、ただなんとなく行ってみました。

 

道央道深川付近

 

さて、旭川経由で国道275号線を北にすると、幌加内町に入ります。

ここは日本の最低気温の記録、-41.2℃を記録したことがあるほどの極寒の地です。

-41.2℃って・・・瞬間的ではあれ、想像できない気温ですね。

いろんな場所に行ったりして、フと思うのが、

自然条件の厳しい土地であっても、そこに根付くひとの生活ってあるんだよなーと。

 

で、この記事を書いていて、何なんですが、

どこでそばを食べたのかが覚えていなくって、写真も撮っていませんでした。あーあ。

もちろん、そばの歯ごたえと味の深さは、その辺のものとは格段に違うとは言えますよ。

 

で、結局きっかけはそばだったんですが、そばよりも印象に残ってしまったのが、

幌加内町の北側にある、朱鞠内湖の景色なんですね。

 

前が長くなりましたが、今回は幌加内町にある、朱鞠内湖の景色について。

 

朱鞠内湖は国内最大の人造湖で、道立自然公園にも指定されています。

本当に静かで、鳥や虫の声に濁りが無い感じで、澄んだ空気のながれる、

静かな湖畔の杜、といった、こころ落ち着く場所です。

 

幌加内 朱鞠内湖

幌加内 朱鞠内湖

 

湖の周囲は緑に囲まれていて、人造湖でありながら自然豊かな景観で、

湖面は鏡のように美しく、周囲の景色を写します。

そう、この鏡のように美しい湖面が、

朱鞠内湖に独特な雰囲気を感じるのではと思います。

 

季節によっても多彩な表情を楽しめる湖になりますので、

道北のドライブや、幌加内でのそば旅で立ち寄ることを、おすすめします。

 

 

 

朱鞠内湖 Map :  https://goo.gl/maps/KBVbW

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.